FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末快楽亭傳

快楽亭 慶應元年閏五月十三日 撮影

竜巻家に代々伝わる秘蔵の写真を公開する。
じいちゃん・・・勝手に持ち出してスキャンした挙句、ネットにアップしてごめんね。

撮影日は慶應元年(グレゴリオ暦1865年)閏五月十三日とある。
慶應は江戸時代最後の元号。まさに時は幕末。
国中がてんやわんやの時に、茶室の写真なんか撮っちゃって・・・呑気だね。

当時、竜巻家は結城紬(絹織物)を取り扱う商いをしていた。
北関東ではそれなりの規模だったらしく、人もたくさん雇っていたらしい。
そして、庭園に茶室を設けて、茶の湯もたしなんでいたという。

トップ写真はその茶室。
写真の裏に「快楽亭」とある。
ちょっとハイカラな茶室名じゃね?ご先祖様!

そう。
だからこのブログは「快楽亭日乗」なんですよ。
快楽亭での徒然なる日々。
エレガントな数奇者だった(らしい)ご先祖様へのオマージュ。

ああ、それにしても。
茶室や名物を俺のために遺してくれれば良かったのに・・・

竜巻家はその後、日清・日露戦争を経て商いを大きく広げていったが、昭和二年(1927年)の金融恐慌を機に没落。大邸宅は人手に渡り、快楽亭も取り壊されてしまったらしい。

大正生まれのじいちゃんは、「うちは茶室のある家だった」と言うのが口癖だった。
自ら生まれ育った屋敷が売り払われるところを目の当たりにしたことを考えれば、その悔しさも想像できる。

思い出の快楽亭。
その姿は、この一葉の写真にのみ残されている。





ちなみに。
うちのご先祖様はエロ数奇者でもあったようで、こんな写真も残っている。


慶應元年の大正エロス 麻生岬さん


幕末・・・というよりは、大正エロスって感じだね。
素敵すぎます。麻生岬さん。


These Photographs Were Revised By 幕末古写真ジェネレーター






Scanch - うそつき天国



騎乗位→背面騎乗位→バック→即位→正常位と突かれる度にイキまくり。最後は正常位で妊娠覚悟の中出しフィニッシュ...■XVN.jpで楽しくお買い物♪
J-Venus 麻生岬
妊娠覚悟の中出しフィニッシュ

騎乗位→背面騎乗位→バック→即位→正常位と突かれる度にイキまくり。最後は正常位で妊娠覚悟の中出しフィニッシュ...





騎乗位→バック→正常位→騎乗位とガンガンに突きまくると狂わんかとばかりに悶絶、トリップ寸前。そして正常位でW中出し、おまんこは精子でぐっちょぐちょです...■XVN.jpで楽しくお買い物♪
J-Venus 麻生岬
狂わんかとばかりに悶絶
W中出し

騎乗位→バック→正常位→騎乗位とガンガンに突きまくると狂わんかとばかりに悶絶、トリップ寸前...




エローなお買い物はアジア最大のエローサイト「DMM」で!
中古アダルトDVD専門店
DMMライブチャット (アダルト&ノンアダルト)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

八月十五日に

060815.jpg

「ただいま・・・」
「ちょっとお父さん、聞いて下さいよ!」
「なんだい母さん・・・帰ってくる早々・・・飯は食ってきたから、風呂入るよ」
「あら、なんか香水の匂いがするわね」
「そうか?ま、それはともかく何だい?」
「あ!そうよ!お父さん、聞いて下さいよ!」
「だから何だい?」
「お隣のヤンさんとお向かいのキムさんところの旦那さんが、さっき怒鳴り込んできたのよ!」
「ん?どうしたんだい?」
「純のことで・・・」
「ん?」
「お宅の息子さんが、公衆の面前でいかがわしいことをしている!って言うの」
「ふーん」
「近くの神社の境内に女の人を連れ込んで、いやらしいことをしてたって言うのよ。近所迷惑だから止めてくれって!」
「ふーん、それはまずいな。で、純はどうしてる?」
「ヤンさんとキムさんが来た時から、ずーっと部屋に閉じ篭っているのよ。純!じゅーん!お父さんが話があるから1階に来なさいって!」
「おいおい。俺は話なんてないよ・・・」
「あ?」
「純、あんたって子は・・・」
「なんだよ?オ・ヤ・ジ?」
「あー、なんだその、ご近所の迷惑になるようなことは止めとけよ。分かったか?」
「あ?」
「お父さん、もっと言って下さいよ!結局、ご近所付き合いがいちばん多いのは私なんですからね。こんなんじゃ恥ずかしくてお買い物にも行けないわ」
「あ、ああ・・・」
「あのさー、日本は自由の国じゃないの?俺が何しようと他の奴らには関係ないじゃん。うるせーんだよ、いちいち」
「まあ、その・・・なんだ、日本は昔から和をもって尊しとす・・・って国だからな、はっはっはっは。周りが嫌がることは自重せんとな」
「あ?」
「いや・・・」
「あのさー、最近、近所にキャバクラができたじゃん!」
「ああ・・・」
「でさー、ミツルがそこの女に惚れちまって、なんとか連れ出そうとしてたんだけど上手くいかなくてさ」
「・・・」
「で、俺がミツルに言ってやったのよ。あんな場末のキャバクラの女、俺が連れ出して一発かましてやるって!」
「・・・」
「でよ、約束どおり昨夜連れ出してよ、ホテル代がもったいないから神社の境内で挿れたってわけよ」
「・・・」
「なんだよ。友達との約束は大事だろ。しかもよ、ミツルだけじゃなくて他に何人もいる前で啖呵切ったからさ。公約っつーの?あれは大事だから守らねーわけにはいかねーだろっ!」
「あ・・・ああ、公約は大事だな」
「・・・」
「で、何か問題ある?」
「純、あんたねー、せめてセックスは神社じゃなくてホテルでしなさい!セックスをする場所を神社から分離すれば、ヤンさんやキムさんも怒鳴り込んだりしないでしょ!」
「あー?うるせえんだ、ババー!俺がいつ神社でセックスしようが関係ねーだろ!」
「ああ・・・あんたって子は・・・お父さん!何とか言って下さいよ」
「ま・・・なんだ・・・純は9月からアメリカに留学するわけで・・・そうなったら、ヤンさんとキムさんも落ち着くだろ・・・」
「それがねぇ・・・」
「なんだ?」
「晋二も一緒に神社でいやらしいことをしていたそうなの・・・」
「ま、俺の弟だからな」
「純がいなくなっても、また晋二のことで・・・あら!晋二!なにしてたの!お父さんが話があるそうだから、こっちに来なさい!」
「あ?」
「・・・」


エローなお買い物はアジア最大のエローサイト「DMM」で!

ディープスロート

この写真をクリクリしてくれると、竜巻野郎のペニスが大きくなります☆

①「ベッドにて」
頭が痛くて、寒気も感じる・・・
軽い風邪だろうと思い、帰宅後、ネットにも接続せず就寝。
しかし、なかなか寝付けないので、マスでもかこうと思い、机に置いてあったアダルトDVDを挿入。
※マスを寸止めすると眠れなくなるが、マスを果たすとぐっすり眠れる。
タイトルは・・・小春「使い捨てM奴隷25」だった。

小春
「使い捨てM奴隷25」
MOODYZ
(写真をクリックすると裏面が見られます)
[詳細を見る]
[極私的AVレビューを見る]
★★★★☆

いやー具合が悪いというのに、エグいDVDを選んでしまった・・・カワイイ☆巨乳の小春が野太いペニスを根元まで咥えさせられ・・・射精したら次のペニスを咽喉の奥まで・・・



いつもなら敏感に反応する俺のペニスもシオシオだ。だめだ・・・そしていつのまにか眠りについていた。


②「試験会場にて」
何だか良く分からないが、試験会場にいる。
しかも、だだっ広い会場で試験を受けているのは俺ひとり。
すでに試験は始まっているようなので、問題用紙を開くと、なにやら長い文章が書かれている。これを読めども読めども何が書いてあるのか?さっぱり頭に入ってこない。仕方なくもう一度頭から読み直すものの、やはり内容がさっぱり分からない。
そうこうしている間に時間が迫ってくる。しかし、問題文をまず読まなければ問題に答えることが出来ない。焦る。
すると、いつのまにか会場正面に、レイザーラモンHGのような衣装を着た屈強な男たちが10名ほど立っている。よく見ると、彼等は下半身丸出しで、巨大なペニスをエレクトさせながらニヤニヤしている。
まさか・・・試験が出来なければ俺はあれを・・・!?
焦りながら問題文を読もうとするが、まったくもって何が書いてあるか分からない。
いつの間にか俺の席の周りにはレイザーラモンHGのような衣装を着た男たちが座っていて、「いやーかんたんだったね」「そうだね。○○大学の入試よりはるかにかんたんだったね」とか感想を言い合っている。

この写真をクリクリしてくれると、竜巻野郎のペニスが大きくなります☆レイザーラモンRG&HG
つーか、こんな奴等がウジャウジャいたら、即、逃げろよ。


③「ベッドにて」
多分、眠ってから1~2時間しか経っていない。
顔から大量の汗が流れていることに気付く。しかし、起き上がると、汗が出ていたのは顔だけではないことに気付く。
ふらふらしながら下着を着替え、体温計で熱を測ってみると、39度もある。そして、ごくりを唾液を飲み込むと、猛烈に咽喉が痛い。
とりあえず薬を飲み、冷凍庫からアイスノンを引っ張り出し、頭の下に敷いて寝る。

しかし、この後、何度も②を繰り返しては起きる。ますます寒気が酷くなる。


④「病院にて」
「ものすごい寒気がして、あと咽喉がとても痛いんです」
「どれどれ、じゃ、口を開けて」
「はい」
「うーん、扁桃腺が腫れてるね・・・唾液を飲み込んでも痛いでしょ?」
「はい」
「のどチンコが隠れるぐらい腫れてるもんな。だから熱が出て寒気がするんだよ。雑菌でも入ったかな・・・でもなんで?」
「さあ・・・」
「まさか・・・」
「まさかね・・・」


⑤「ブック○○○」にて
1時間ほど点滴を投与してもらい、薬局で処方箋を渡し薬をもらって帰路につく。
点滴のおかげで全身の寒気は収まっていたが、今日は安静にしておくべきだろうと本屋に立ち寄る。
しかし、これと言って気になる本はないなーと思い、ビデオコーナーへ行くと・・・

東京事変
「ADULT VIDEO」
TOSHIBA EMI
06/03/23 Release!
(写真をクリックすると大きくなります)
[詳細を見る]

こ、これが椎名林檎が出演したアダルトビデオか~!と喜んで購入する。
あいだゆあも蒼井そらも麻美ゆまも小春も沙雪も三津なつみも瀬里奈も峰なゆかもいいけど、椎名林檎がAVでっせ。しかも税込¥3,200!これは買いだろ。


⑥「ベッドにて」
東京事変の「大人(アダルト)」は名盤だ。
そして、そのクリップ集「ADULT VIDEO」もなかなかな楽しめる。
喪服姿の林檎姐さんいいねぇ。短編ドラマ「百色眼鏡」以来だが、エロ未亡人臭をプンプンと漂わせているわ。
しかし、改めて思い知らされたが、林檎嬢はオパーイがデカーイ。
うーん、病身にはこのDVDはハードすぎたか?
ペニスがちょっぴりムクムク・・・


⑦「試験会場にて」
何だか良く分からないが、試験会場にいる。
しかも、だだっ広い会場で試験を受けているのは俺ひとり。
ああ、これは夢だなぁとすぐ気付く。
今度は椎名林檎ちゃんが喪服かドレスか看護婦姿で出てくるのがいいなと思っていると、林檎の着ぐるみを着た椎名林檎が「そうだといいね!」と言って走り去っていく。

「?」

問題用紙を開き、問題文を読み始めると、またもや何が書いてあるのか全く理解できない。
なんだかアホらしくなって顔を上げると・・・

俺は腕組みをしたレイザーラモンHG10人に取り囲まれていた。
彼等は一様に下半身丸出しで、ペニスは135度ぐらいにそそり立っていた。

もうこれ以上は書けません。


恐ろしすぎるバッド・トリップ!当分HGはいいです。
そんな竜巻野郎のために☆クリクリ夜露死苦!

↓  ↓  ↓
FC2ブログランキング


エローなお買い物はアジア最大のエローサイト「DMM」で!


メロンパニスト

051106.jpgスタンドバーで殻付きピーナッツをつまみに軽くビールをひっかけた後、我々は場所を変えてさらにバーボンを飲んだ。その店はやけに古めかしいジャズを流していて、密談をするのに相応しい雰囲気であるように思えた。サッチモがトランペットを吹き終え、しわがれた声で「スターダスト」を歌いだした時、そのタイミングを待っていたかのように男は話し始めた。

「実は僕、メロンパニストなんですよ」
「メロンパニスト?」
「ええ、メロンパンなしでは生きていけないくらい、メロンパンが大好きなんです」

男のくせにメロンパンが好きだって?とくに恥ずかしそうな素振りも見せず、むしろ深刻な口調で男は話した。まるで赤狩り時代に「実は僕、共産党員なんですよ」と告白しているかのように。

「男のくせにメロンパンが好きなんておかしいですかね?」
「いや、おかしくはないけどさ、そんなに深刻な口調で言うことなのかと思って、ちょっと面食らったよ」
「ああ、そうですよね」

男はグラスの中身を一気にあおると、ウェイターを呼んでおかわりを注文した。新しいグラスが到着するまでの間、男は何をどう話すべきか、頭の中で整理するかのように天井の巨大な扇風機を眺めていた。ウェイターが新しいバーボンを持ってくると、それまで一気に飲み干し、再び口を開いた。

「ちょっと僕の言い方が間違っていたようです。メロンパニストというのは単に、メロンパンを食べるのが好きな人間という意味じゃないんです。もちろん食べるのも大好きです。この世の中でいちばん好きな食べ物はメロンパンだし、三食メロンパンでもいい。1日300円あれば僕の食事は事足りてしまう。でもね、食べることだけが好きなわけじゃないんです」
「食べること以外でメロンパンが好きというのは、どういうことなんだろう?」
「ちょうど飲んだ後に食べようと思っていたメロンパンを持っているので、実際にやってみましょう」

そう言うと男は黒い皮の鞄からメロンパンの袋を二つ取り出した。そして、片方の封を切って中身を取り出すと、私の目の前に差し出した。

「匂いを嗅いでください」

男からメロンパンを受け取り、鼻に近づける。表面のクッキー地の甘い匂いと、イーストの香ばしい匂いが頭の中に広がる。

「どうですか?」
「どうって、懐かしいメロンパンの匂いがするけど」
「じゃあ質問を変えましょう。何の匂いに似ていると思いますか?」

男に言われ、もう一度メロンパンの匂いを嗅いでみた。しかし、これはメロンパンの匂いだし、何か別のものの匂いに似ているようには思えなかった。無言でメロンパンを差し戻すと、男は悲しそうな目で受け取った。

「メロンパニストというのは、君が作った呼称なのかい?」
「いや、違います。メロンパニストという名前を作ったのは山田さんという方で、この方は本当に素晴らしい方なんですけど、僕なんかが足許にも及ばないほどメロンパンを愛して愛して愛し抜いた方なんです。今は公安の陰謀で無実の罪を着せられ、府中で服役中なんですが、今年中には裁判のやり直しをさせるために僕たちは動いているわけなんです」
「メロンパニストってのは君だけじゃないんだ。何人くらいいるの?」
「我々の主だったメンバーは7人です。でも、日本には潜在的なメロンパニストが50万人はいると踏んでいるんですけどね。そのパワーが結集できれば、山田さんを解放することもわけないんですけど」
「ふーん。その山田さんはどういう罪状で服役中なの?」
「山田さんは・・・強制わいせつの罪を着せられたんです。でもね、山田さんは生身の女性にわいせつな行為をするような方じゃないんです。これは神に誓ってもいい。だって、メロンパニストなんですから!」

「そのメロンパニストってのは、いったい何なんだい?」と私が訊ねようとした瞬間、男はもう片方のメロンパンの包みをものすごい勢いで破り、中身を取り出すと、顔面に擦りつけ始めた。

「正子ーーーっ。おおーっ。正子ーーーっ」

そう叫びながら、男は狂ったようにメロンパンを顔に擦り続ける。

「メロンパンはね、正子の匂いがするんですよ。山田さんは由実の匂いがするって言ってました。僕らメロンパニストはメロンパンがあれば正子も由実もいらないんで、だから強制わいせつなんて絶対ありえないんですよ」

男の動きの激しさに、メロンパンはぼろぼろになっていた。割れ目からカスタードクリームがこぼれ出ている。男の顔は今や、パンの破片とカスタードクリームに塗れていた。

「ふつうのメロンパンじゃなくてね、中にカスタードクリームが入っているやつがいいんですよ。正子も僕が顔を当てるといつのまにかこんなふうだったんですよね。正子ーっ」

眠くなってきたのでそろそろお開きにしようか。そんな言葉をどのタイミングで振るべきか、私は真剣に考え始めた。

<了>


メロンパンは男を狂わす禁断の香り。メロン関連商品を「DMM」で要チェック!


西田美沙
「5 Doors 悩ましメロン乳」h.m.p
[詳細を見る]



水野あすみ
「ジューシーメロン」
メディアステーション
[詳細を見る]



めろん
「私立スペルマ学園」
みるきぃぷりん♪
[詳細を見る]



姫野もも
「萌え2メロン」
オーロラプロジェクト
[詳細を見る]



エローなお買い物はアジア最大のエローサイト「DMM」で!


Attention!



18歳未満の方の観賞には
適さない部分があります。
なるべく親、または保護者が
同伴して下さい。

18歳未満の方は【こちら】へ

Counter



現在の閲覧者数:

Profile

竜巻野郎

  • Author:竜巻野郎
  • 北関東在住。
    娘とラーメンとアダルトビデオをこよなく愛するエロネード病原菌。
Rakuten


Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Category
Archives
All About This Blog
全タイトルを表示
Search
RSS
Bookmarks
Access

アクセスランキング

■今月の全ランキング■

My Blog List

Weather

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。