FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィヴァ水島新司祭★ドカベンv.s.野球狂の詩

いやー日本最強のバッターは山田ですよ。なにせ、あいつは高校通算で打率7割5分ですからね」(水島新司・談)

スポーツ紙のインタビューに、真顔でそう答えたという水島新司。自分が生み出したキャラクターたちが好きで好きでたまらないんだろうな。

たしかに「ドカベン」「野球狂の詩」にとどまらず、「あぶさん」「球道くん」「一球さん」「男ドアホウ甲子園」「ストッパー」「白球の詩」「ダントツ」「光の小次郎」「虹を呼ぶ男」etc...と、水島新司の野球マンガには魅力的なキャラクターが溢れていた。そして、野球を愛し、知り尽くした男が描いたマンガだから、感動あり、そして奇想天外な展開ありと読者を虜にする魅力があった。

実際、俺が野球のルール・知識を覚えたのは「ドカベン」を教科書にしたからだと言っても過言ではない。しかも、基礎的なことだけではなく、「インターフェアー(打撃妨害)」「ボーク(反則投球)」「インフィールドフライ」など、ちょい上級のルールも具体的な事例と共に覚えることができた。それぐらい少年時代の俺はのめりこんでいたんだよな。

野球は筋書きのないドラマ。高2の夏、白新の超高校級エース不知火守はルールブックの盲点をついた「1点」のために明訓に破れた。かつての野球協約=プロ野球選手は男性でなければならない・・・を突破して、女子プロ野球選手第1号となった水原勇気。極度の酒飲みのため集中力が持続せず、「代打専門」で一発勝負に賭ける景浦安武が落合博満とホームラン王を分け合う!

目を閉じれば、今でも水島マンガのメモリアル・シーンが脳裏に浮かぶ。

しかし、それも今は昔。岩田鉄五郎は80歳を過ぎたというのにいまだ現役。あぶさんも60歳を超えた?なのにソフトバンクス・ホークスの不動の四番(なぜ、年齢とともに体力、集中力がUPしているのか?)。ぶっちゃけ、水島新司のキャラクターに対する「偏愛」が強まるにつれて、彼のマンガはつまらなくなったと思う。

週刊少年チャンピオンだったら「ドカベン」より「ショー☆バン」の方が面白いし、週刊モーニングだったら「野球狂の詩」より「ジャイアント」(連載終了)の方が面白かった。

そんな水島新司の起死回生となるか?昨日発売の週刊少年チャンピオンと週刊モーニングの表紙を見て欲しい(上記写真参照)。チャンピオンの表紙に「野球狂の詩」の水原勇気が!そして、モーニングの表紙に「ドカベン」の岩鬼が!そして、2冊並べると1枚の絵に!

なんと、水島新司の劇中に出てくる架空のプロ野球チーム「東京スーパースターズ」(パ・リーグ「ドカベン」)と「札幌華生堂メッツ」(セ・リーグ「野球狂の詩」)が日本シリーズで激突!これから8週間かけて、同じゲームを同時進行、そして、それぞれの視点で描いていくという。なんとも、かつての水島新司らしい「けれん」溢れる企画ではないか!

日本シリーズ初戦となる今週、早速、「小さな巨人」里中智(東京スーパースターズのエース)が十八番ともいえる「怪我」(?)をし・・・

水島高校野球マンガのキャラクターたちが一同に介した「大甲子園」のように、作者一人が喜んでドッチラケな展開になるか?それとも、水島野球マンガの集大成!と呼べる大傑作となるのか、これから8週間、見守っていきたい。

今日はエロがなくてごめんねー。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!



18歳未満の方の観賞には
適さない部分があります。
なるべく親、または保護者が
同伴して下さい。

18歳未満の方は【こちら】へ

Counter



現在の閲覧者数:

Profile

竜巻野郎

  • Author:竜巻野郎
  • 北関東在住。
    娘とラーメンとアダルトビデオをこよなく愛するエロネード病原菌。
Rakuten


Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Category
Archives
All About This Blog
全タイトルを表示
Search
RSS
Bookmarks
Access

アクセスランキング

■今月の全ランキング■

My Blog List

Weather

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。